履修履歴オファーサービス「リシュ活」サービス不可要件

Ⅰ.サービス利用不可要件

以下の内容に該当する場合は本サービスの利用をお断りさせていただきます。

①悪質な商行為など、事業およびサービス内容が法令に反したり、社会倫理上問題のある企業、団体、組織。
②商業目的、政治目的、プロパガンダ、売名行為など、本サービスの企画趣旨に反した利用を企図する企業、団体、組織。
③ユーザーの利益に反したり、信用を損なう利用を企図する企業、団体、組織。
④雇用条件、待遇、保険、募集要項などが労働関連法令に違反したり、虚偽の情報掲載による利用を企図する企業、団体、組織。
⑤個人のプライバシーを侵害したり、個人情報保護法令に抵触して個人調査や個人情報の売買などを営む企業、団体、組織。
⑥会社の実態が不明確、または確認が困難な企業、団体、組織。
⑦性風俗業、性風俗に関わる求人関連の事業、公序良俗に反するアダルト産業を行う企業、団体、組織。
⑧FC加盟店、代理店、業務委託員の募集。
⑨事業の内容が監督官庁の許認可等を要するにも関わらず、必要な届出、許認可、登録等を受けていない企業、団体、組織。
※例:建築業、介護事業、労働者派遣業、金融商品取引業、不動産業、旅行業、共済事業、警備業、その他。
⑩その他、履修履歴活用コンソーシアムが利用不可と指定した企業、団体、組織(完全報酬制企業、設立前・未登記の企業など)

Ⅱ.サービス利用開始後の再審査

本サービス利用開始後に以下のような問題が発生したときは審査を再度行い、利用の中止などを含めた対応を行いますことをご了承ください。

①行政処分・勧告・指示  
②刑事罰  
③労働争議  
④会社更生法・民事再生法の申請  
⑤民事訴訟・刑事告発、家宅捜索 
⑥採用活動上望ましくないと判断される行為もしくは言動(内定取消し、内定辞退の勧奨) 
⑦関連法違反  
⑧反社会的行為 
⑨ユーザーからのクレーム・報告  
⑩ユーザーへの信頼を著しく損なう行為  
⑪申告・原稿内容に虚偽があった場合
⑫未報告の①~⑧の事実が過去にあったことが発覚したとき(※できましたら申請時に併せてご報告ください)