設立趣意

学生の「学び」と、卒業後の「働く」を
つなぐ架け橋として

日本の新卒採用シーンでは、「学生がどのような考えや価値観に基づいて学業に取り組んできたのか」ということ(=履修履歴)に対して興味を持たれることが、今までほとんどありませんでした。
それが結果として、「就活が始まると学生が授業に出なくなる」という現象につながり、「企業の採用活動は学業を阻害している」との批判を招く一因にもなっていました。
かかる状況を改善していくことを目的に、私たち就職・採用支援会社は共同で「履修履歴活用コンソーシアム」を設立いたしました。
本コンソーシアムのサービスや活動を通じて、学生の「学ぶ意欲」が醸成され、社会で活躍するための基礎的なチカラを蓄えた人材が、大学をはじめとするすべての高等教育機関から多数輩出される世の中になることを願っております。

企業の皆様へ

企業が学生の履修履歴に注目することは、「学校での学びは、社会ではたらくうえでとても大事なことである」ということを、学生はもちろんのこと社会全体にもメッセージすることにつながります。「企業は、決して学業を軽視しているわけでなない」。そのことを伝えるだけでも大きな意義があるのではないでしょうか。
また、履修履歴には、「どのようなことを学んだのか」「なぜ学ぼうとしたのか」「それを通して何を得、どう感じたのか」など、能力だけではない、志向性や価値観や行動特性といった、学生を理解するために必要な情報が隠されています。ぜひ、自社の採用に「履修履歴」を取り入れてみてください。社会的意義だけでなく、自社の採用にも多くのメリットをもたらすはずです。

教育機関の皆様へ

企業の履修履歴活用が進むことにより、学生の「学校での学び」に対する意識の変化が生まれると考えています。試験が簡単で単位が取りやすいだけの授業を選択するのではなく、自分が本当に興味・関心をもって取り組むことのできる授業。社会人となったときに、視野広く、視座高く、物事を深く考え抜くために身につけるべき一般教養の授業。これからの産業界に必要とされる専門知識(たとえば統計やデータ解析など)を身につけることのできる授業…etc. 何が自分のキャリア形成に(直接でも間接でも、短期でも長期でも)つながるのかということを真剣に考え、より能動的に授業を選択し、学業に取り組むようになるのではないかと考えております。

最後に学生の皆様へ

「企業が学生の学びに注目する」ということは、実はとても自然で、当たり前で、健全なことだと私たちは考えています。今まで、そうなっていなかったのが不思議なくらいです。
学校での学びは、皆さんが就職する企業や暮らす社会の役に必ず立つはずです。そしてそれは、自分のキャリア形成にも必ずつながっていきます。
良い成績を取ることが大事なわけではありません。何を学んだのか、どうして学んだのか、その学びを将来どのように役立てたいと考えているのか。企業は、皆さんのそこに注目します。
なぜならば、盛ったエントリーシートや作られた志望動機よりも、皆さんの本当の姿が見えてくるからです。
皆さんにとってかけがえのない未来につながる縁が、この履修履歴活用コンソーシアムをきっかけとして生まれることを、加盟企業一同、心から願っています。